fc2ブログ

アジリティー

海外ジャッジ・セミナー・・・反省,反省また反省!

 ←大学病院の手術 →『ネギ坊主☆』&『ジョー・オダギリ風』?
四国・香川県で行われた,アジリティーセミナーに参加してきました。今回の講師は,英国代表でもあるLee Gibson氏。ギブソン氏は若干27歳,でもアジリティーでは12歳のジュニアクラスから英才教育を受けたエリート・アジラー。アジリティー歴は15年以上!僕は初めて6年目・・・ハナタレ小僧です。
IMG_1036.jpg高松空港,飛行機から降りてくるジャガー達

イギリスと言えば,ドッグショウの世界でも『サイエンス(Science)の英国とアート(Art)の米国』などど言われおり,科学的に物事を評価する事で有名。今回のセミナーもとても科学的でした,どちらかというと日本人向きかも知れません。僕もその一人ですが,とても理解が深まりました(喜)。

今回のセミナーはコースセミナーですので,まずコースについての解説ナシでまず1本走り,次いでギブソン氏から解説を受けたのちに同じコースを走ります。1本目ではあれや,これやと邪(ヨコシマ)なこと考えて発進し案の定撃沈。その後解説を受けて「あ~そうだよなぁ~・・・。そうなんだぁ~・・・」と納得しながら自分の邪な阿呆ハンドリングを反省したところ,とてもスムーズにそして何よりじゃがーが快適に走れました。動物愛護の精神は,こんな所にも現れているのですね(涙)。

さて,今回のギブソン氏のレクチャーの中で『このポイントでは,犬を信じて・・・』という説明があり,とても反省です。この競技は,あくまでも犬との共同作業。こちらの希望を押しつけるだけではダメなのですよね。なんだか,自分が何を忘れているかを気付かせていただきました。そしてもう一つ気付かされたこと,それはもっとシンプルにと言うことでした。なんだかいろいろやり過ぎていたような気がして,大いに反省,ダメダメです。さすが今年はWAOにも招聘されているジャッジです。とても勉強になりました

アジリティーを初めてすぐの頃,じゃがーが初級クラスの頃です。はじめてY先生のセミナーに参加して質問しました。『このポイントはどうやって通過させるのが最良なのでしょうか?』・・・先生の回答は『最もコースを速く回れるような方法を選択する!』という超シンプルなものでした(笑)初級者にはちょっと難しかったけど。先生も犬の訓練経験者だと思ってお答えくださったのでしょう(汗)。

このなかには,犬の身体的能力・訓練の習熟度,競技者の身体能力,ハンドリング技術と競技の習熟度,コースの種類,競技場の足場状態,そして当日の天候など様々な条件を考慮して,すべての各障害物において『犬に最もストレスの少ない=最 速』の通過ポイントを決定していくのだと解釈したのですが。なんだか近頃生意気になって,すこし勘違いしていたのかも知れません。反省,反省また反省です。

なんだかすっかり,プライベート日記のようになってしまいましたが,とにかく素晴らしいセミナー&競技会でした。
これからもガンバリまーす。よーし,明日のお散歩もがんばるぞー。
(すー。(>_<))
ご興味のあった記事があれば拍手をお願いしまーす。
今後の参考にさせていただきまーす。


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【大学病院の手術】へ  【『ネギ坊主☆』&『ジョー・オダギリ風』?】へ