fc2ブログ

今日の診察室

犬の容姿体形(シルエット)とボディランゲージ。そして『護犬術』?

 ←『ネギ坊主☆』&『ジョー・オダギリ風』? →お腹が空いて,変なモノ食べちゃった!
ミニチュア・シュナウザーちゃん突然の負傷です。
P1020763.jpg
お散歩中,他の犬に(Bコリー)に襲われてしまいました。公園でパパと歩いていたら,知らない犬が突然出現,パパはとっさに抱き上げて守ったものの間に合わず噛まれてしまいました。

犬の咬傷ではたまたま噛んだというのは,ほとんどありません。犬たちの犬歯は人間の指先のように感覚が繊細,触れたものの質感は確実に感じ取っています。この写真のように犬歯がしっかり2カ所刺さっていると言うことは,かなり確信的に噛んでいます。おまけに頭を振ったとのことで,傷も裂けてしまっていますからなおさらです。
P1020767.jpg
相手の飼い主さんは,小さな子供にリードを持たせていたようで,子供達がリードを放してしまったとのことでした。
犬自身へのしつけや飼い主のハンドリング技術は当然頑張らなければいけませんし,噛んだ犬の飼い主も自分の犬が周囲の犬に対し,警戒や攻撃姿勢を示していることにしっかり気付いていなければなりません。

特に今回,噛まれたワンちゃんの飼い主さんからの情報では,噛んだ犬は以前からシュナウザーが嫌いだったと相手の飼い主が謝罪したそうです・・・それが分かっていながら,お子さんに持たせて遊ばせていたのは?考えてしまいますね。一歩間違えば首の骨などが折れていたかも知れません。

こうなってくると,連れて歩く側も自己防衛の一つとして,愛犬の犬種の特徴を理解しておいた方がよいでしょう。この犬種特徴(特性)の中に,犬自身の容姿から出るボディランゲージがあります。

今回のシュナウザーちゃん,ちょっとポわっとしていて,とーても可愛いワンコちゃんなのですが。
シュナウザーやプードル,テリア,柴,パグ,Fブルなどは,イヌ科の動物としてはその外貌上のシルエットが特殊です。立ち尾や立ち耳,ショートバック(背中が短い)なスクエア体型の犬種は,そのシルエットゆえボディランゲージとして,周囲の犬から「緊張・威嚇」ととられやすくゆえに周囲の犬が緊張や興奮しやすくなります。

また,パグやFブルなどは短頭で鼻ペチャ,耳は立っていたり頭に張り付いていたり,
さらに尻尾も短尾や巻き尾のため,シルエットから逆にボディランゲージが読み取りにくいようです。

そのように考えた場合,今回のケースではシュナウザーちゃんが公園に入った段階で「変なヤツがいるぞ」とすでにBコリーが変な動きをしていたかも知れません。この段階で気づければ,事前になんらかの対策が打てるかも知れませんね。まだまだ,しつけという意味では後進国の日本!
護身術ならぬ『護犬術』を身につけなければなりません。

このような犬種ごとの特徴も踏まえ,
自身の愛犬が周囲の犬にどのように写っているのかも考えて,大切な愛犬を守りましょう。
(すー。(`ヘ´)
ご興味のあった記事があれば拍手をお願いしまーす。
今後の参考にさせていただきまーす。


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【『ネギ坊主☆』&『ジョー・オダギリ風』?】へ  【お腹が空いて,変なモノ食べちゃった!】へ