fc2ブログ

アジリティー

まずは出国編

 ←皆さんありがとうございました。 →まずは中日,チェコの訓練所で調整
みなさま,やっとこさ帰ってまいりました。
何とも時差ボケでスッキリしていませんが,昨日より復帰です。
さて,今大会のレポートを数回にわたり記録がてらアップします。
今回はまず『出国編』現地入国までレポートです。
積載2只今,飛行機に搭乗中です。
犬が日本国外に出国し相手国へ入国する際には,以下の項目で予防接種や抗体検査そして
各種書類の提出が必要になります。
1)マイクロチップ処置
  まず最初に入れ墨番号もしくはマイクロチップを必ず入れ,個体識別を確実に行います。
  全ての書類にこのマイクロチップ番号が必要となります。
2)狂犬病予防接種&狂犬病抗体検査証明書
  これが最も重要な予防接種。日本は今のところ狂犬病清浄国なので,ここ何十年も発生していませんが,
  海外では現存する病気でたいへん怖いモノです。2回接種した後さらに14日後に採血・抗体検査を行い,
  基準値を上回っていればOK!マイクロチップ番号が入った接種証明書類と抗体検査証明が必要。
3)帰国日40日前までに帰ってくる時の入国届を提出,受理書を発行してもらいます。
4)出国のための申請書及び関係書類(ワクチン証明書や一般獣医での健康診断書)を検疫所に提出
  その他,先方の国に入国するための書類(今回はEUフォームという書類)も検疫所に提出
5)出国当日もしくは前日に成田もしくは羽田の検疫所に出向き,
  身体検査を行い国発行の証明書発行してもらう,この書類を持って相手国に入国して提出
6)国際便は2時間前にチェックイン,その際イヌ達も同時に手続き
  出発当日は何時に水を飲んだか?食餌を何時に摂ったかなどを記入し飼い主が署名,バリケンに添付。
  チェックインこのバリケンの上に乗っている紙が貼り付ける書類です。
  犬に対してのケージの大きさなど決まっているので注意です。
  日本出国時は比較的ゆるめの規定ですが,ヨーロッパから載る場合結構厳しい場合があります。
  以前オランダから乗り込む際に,チームメイトのボーダーが犬に対してケバリケンが小さいと言うことで
  搭乗拒否されました。その時はオランダでは空港内にペットショップが併設されており,
  そこで新しいバリケンを購入して帰ってきたことがありました。

 注)帰国時には出発国の国の検疫官の証明書がまた必要なので,滞在中に検診を受けます。
   今回は大会本部が獣医を用意し出場のためのVETチェックと共に2日目に受けました。


とここまでの事前準備を行ってから出発です。
1週間程度で帰国するのですからもっと簡単な手続きにしてくれればよいのにね〜。
飛行機
いざ発進と飛び立ってから12時間,じゃがーは問題ないのでそのまま搭乗ですが,
飛行機がダメで搭乗時にお薬服用する場合は近頃はNGです。
ツルツル・まるハゲのじゃがー以外はみんなそのままでしたが,
上空は寒いのでじゃがー君は洋服を着込んで,中にもムートン敷き詰めて出発でした。

そしてやっとミュンヘン空港に到着し検疫もすぐ終わり解放(左) やっとご挨拶完了(右)
ドイツ入国 まずトイレ
さてここから6時間,今度はバス!陸路でチェコまで移動です。
搭乗開始から約20時間,やっとホテルに到着!
ホテル到着
あ〜つかれた!
つかれた
次回は開会式から競技開始です。

(すー。∈^0^∋
ご興味のあった記事があれば拍手をお願いしまーす。
今後の参考にさせていただきまーす。
☆2012年7月1日よりホームページ移設となりました。
NEW・ホームページ http://bellvet.web.fc2.com/Bellvet_Animal_Hospital


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【皆さんありがとうございました。】へ  【まずは中日,チェコの訓練所で調整】へ