fc2ブログ

今日の診察室

寒くて,おなかがペッコりん!

 ←ベルヴェット版 猛獣対決 →爆弾低気圧と大雪と全天候型の犬2頭
おはよーございます。年を明けてから,とても冷え込んできてますね。
朝の散歩でも霜柱がずいぶん増えて,イヌ達はおもしろがっていますが飼い主は転倒注意(泣)
さて,これだけ冷え込んでくると嘔吐や下痢・軟便などの消化器疾患が連発です。
どの症状もやっかいなのですが,ちょっと急を要するのが異物の誤飲
『変なモノ食べちゃったー!』ってヤツです。
P1050200.jpg

先日も,『みたらし団子の竹串食べちゃった』ちゃんや『ゴミ箱ひっくり返した』ちゃんなど連発。
食べるものによっては急性膵炎(高死亡率)を起こしたり,異物が消化管を突き破り肝臓に刺さったり,
感染性の腹膜炎などを二次的な疾患を発症して死亡するケースも出ています。

この季節は動物達は寒さと気圧変動のせいで,とにかくお腹がペッコりん。
この子は絶対そんなことシナイというようなワンコでも,『あれっ』・・・よくうかがう聞く話。
テーブルの上にある食べ物,届く範囲にある引き出し,フタのないゴミ箱などなど厳戒令!
食卓イスを引きずってきて「そのイスに乗って引き出しを開けて食べちゃった」
なんていう強者もいましたが。

と,ここまでは予防策についてのお話,
では食べてしまってからはどうするか,もしくはどのような手順になるかですが,
飲み込んだものの形状に危険性がなければ,催吐処置にて吐かせます。
民間療法もありますが,かかりつけの獣医さんの指示に従ってどうするか決定します。
(当院の患者さん達はまずお電話をください。内容別に対策をご指示します。)
竹串や楊枝,縫い針,まち針,金属片,木片,骨片などの場合には
安易に催吐をさせてはいけません。
無理に吐かせると食道や胃などを傷つけて緊急手術なんていう恐れがもあります。
P1030513.jpg
形状や性状が危険な場合や,大きすぎて催吐できない時には内視鏡です。
先日も他院で「吐かせてダメなら開腹」と言われて転院されてきた方がいましたが
当院では吐かせてダメなら内視鏡,それでダメならば始めて開腹手術を選択することになります。
やはり手術など,なるべくなら体にメスは入れない方が良いのは当然です。
P1030515.jpg
これはオモチャをのんでしまったケース,飲み込んでからまる1日たってしまったので
一部小腸に入りはじめてほぼ腸閉塞状態,お薬使いながらゆっくり引き出しおよそ1時間の処置!
何とか頑張って取り出せました。オモチャの一部には血液の付着が認められます。
異物誤飲の場合には,時間勝負の場合が多いです。なるべく早めにご連絡をお願いしまーす。
(すー。(∩.∩)
ご興味のあった記事があれば拍手をお願いしまーす。
今後の参考にさせていただきまーす。
☆7月1日よりホームページ移設となりました。
NEW・ホームページ http://bellvet.web.fc2.com/Bellvet_Animal_Hospital



記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ベルヴェット版 猛獣対決】へ  【爆弾低気圧と大雪と全天候型の犬2頭】へ