fc2ブログ

今日の診察室

血尿が治らない!・・・サード・オピニオン。

 ←お誕生日 →お久しぶりで〜す。お帰りシュナちゃん
I20130518110642734.jpg 治って良くなった前立腺
本日ご紹介の症例は,血尿が治らないということで,動物病院をいくつか回ってきたダックスちゃんです。
今年の初め頃より体調崩し血尿発生,いくつかの動物病院で脾臓の血腫や
自己免疫性溶血性貧血だとの診断にいたり,不安になってネットで調べたところヒットしたのが,
ベルヴェット・ニュースの「自己免疫性溶血性貧血」症例の記事,
セカンドというかサードオピニオンとして今年3月にご来院。
先日,治療完了で元気に帰って行かれました。

結論から言うとそんな大きな疾患ではなく,単純な細菌性前立腺炎由来の前立腺嚢胞でした。
ただ,その他にダックスフント特有の犬歯の歯周膿瘍が基礎疾患としてからんでおり,
比較的早く診断はついたものの,治療がやっかいで2ヶ月もかかってしまいました・・・。
あ〜,良かった良かった!!(^^)!

今回の飼い主さんも,「こちらの動物病院は『溶血性貧血』がお得意なのですよね。。。」と
ご来院時におっしゃっていましたが,特にそう言う訳ではありません。
他の患者さんからもこちらの動物病院は『何科』ですか?という質問を受けることがありますが,
僕の場合には『総合臨床獣医』を目指します。
実は母校日大の診療科では「総合臨床科」と言うものがあります。
自分としては,1次診療の町獣医なので,この『総合臨床』科であるべきと考えています。
いまNHKの深夜番組で「ドクターG」というお医者さんの番組をやっていますが
この『G』は『総合医・General Doctor』のGでこの総合医についての番組です。
そんなことから獣医でも総合臨床獣医であるためには,
内科,外科,歯科,小児科,行動科,犬種学・・・あらゆるものを考慮して
診断を下す必要があると考えていま〜す。_(‥)fooon...
(すー。
ご興味のあった記事があれば拍手をお願いしまーす。
今後の参考にさせていただきまーす。
NEW・ホームページ http://bellvet.web.fc2.com/Bellvet_Animal_Hospital



記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【お誕生日】へ  【お久しぶりで〜す。お帰りシュナちゃん】へ