fc2ブログ

子犬ちゃん記録

07' Bellvet 子犬ちゃん 記録 " いよいよ「お出かけ」です "

 ←06' Bellvet 子犬ちゃん 記録  →08' Bellvet 子犬ちゃん 記録 
さてさて,すこーしばかり,お日様なれした「ちびー’s」。
生後日数的にも良いので,まずは「ぱんちゃん・ちびー’s」がお出かけです。

子犬ちゃん達は順調に発育中。
今回の動画の中で,おいでの練習中はぐれてしまったチビちゃんがやっと戻って来られたら,
僕にナデナデされ,ちっちゃな尻尾をプリプリふって喜びを表していました。約6週齢です。
お母さん犬がいる(安心して落ち着いている)状況で,やっと人を認識し始める時期,
こんな時期に親から放してなんて余りにもおかしいですよね(`ヘ´)
この時期は彼らの生涯にとって,最高に大切な時期のように思います・・・。

余談ですが・・・
生後3ヶ月(生後12週齢)までは子犬の「寛容期」といって,
比較的容易に環境刺激に慣れていく時期です。人間で言うと小学校低学年くらいでしょうか?
この期間に母犬や兄弟犬と共に生活することにより情緒がとても安定します。
ちなみにこの後には犬たちも『恐怖期』という思春期が始まります。

生後3ヶ月まで親犬と暮らした子犬たちと,3ヶ月齢未満に親から離れた犬たちの
3歳齢以降の問題行動の発生数を統計学的に調査した報告がありましたが,
やはりその発生数は3ヶ月まで親と共に過ごした子犬達は劇的に少なかったという結論でした。
と言うことは生後3ヶ月まで親兄弟と過ごすと将来とても安定すると言うことです。

先頃,動物愛護法の改定に併せて環境省が子犬の流通開始時期についてのパブリックコメントを
募集・公表していましたが,ペット産業団体側と獣医師団体側で意見が真っ二つ。
獣医側は生後8週齢以降なのに対し,早く流通させたいペットショップ団体側は
犬は7週齢(49日,約1.5ヶ月)またはもっと早くといっています。
世界のペット先進国ら(イギリスはもとよりアメリカやドイツ他)では
そろって生後8週齢(2ヶ月)以前の取引を禁止。
こんなもんは世界の常識なのですが,日本は余りにも動物たちにとって発展途上国というか,
「ペットは家族」は名ばかりで,動物たちにとっては,まるで秘境のジャングルかもしれません。
ペット先進国では,ペットショップでの生体販売を禁止している国が多く存在します。
もちろん資格を持ったブリーダーからの入手となりますが,日本もそうなると良いですね。
・・・と話がそれてしまいました。

ヨーシ,次はチョコ・チームだ〜!
(すー。(∩.∩)
ご興味のあった記事があれば拍手をお願いしまーす。
今後の参考にさせていただきまーす。
ホームページ http://bellvet.web.fc2.com/Bellvet_Animal_Hospital



記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【06' Bellvet 子犬ちゃん 記録   【08' Bellvet 子犬ちゃん 記録