fc2ブログ

イヌとの生活

犬のウサギ爪

 ←漢方薬? →犬用公衆トイレとお散歩清掃活動
■犬のウサギ爪

猫のツメはくるっと強く湾曲して伸びていきます,これをカギ爪と言います。
ウサギさんのツメは比較的まっすぐ前に伸びます。
犬でも,まっすぐ伸び過ぎてしまった爪を当院ではウサギ爪と言っています。

近ごろツメの長い犬たちが多く,ウサギ爪になってしまうワンコたちが多いです。
近隣のトリミングハウスや動物病院でも爪を切らないところが多く,
切ってもほんのちょこっと切って終わり,もちろん切りすぎはいけませんが・・・。
伸びてしまった爪は,適切な位置で切るとほぼ間違いなく出血します。
どうやら適切な位置が分からないようで,出血しない位置が正しいと思われているようです。
中には,「血が出る処置は動物病院の管轄・・・」などと言うおかしなトリマーがいるそう,
経験が浅かったり,犬の骨格構成などの理解不足のトリマーやショップが増えてきているのでしょうか。
今後の犬たちの健康を心配してしまいます。

犬は猫のようにツメを収納することが来ません。
爪が伸びて,特にフローリングなどに当たれば,ツメの根元がとても痛いはずです。
そうすると犬たちは無意識に,指を持ち上げ手のひらを「パー」状態に開いて生活しようとします。
さらに爪が伸びるて,「パー」状態で爪の痛さをカバーできなくなると指を寝かします。
この状態になるとツメが斜めになったり,斜めに削られたりします。

爪切りB爪A
<本日来院のテリアちゃん,爪切り・Before & After>

手のひらを開いている犬を犬業界では俗に「にぎりが悪い」とか「にぎりが開いている」といい
ドッグショウなどの骨格評価では,最終的に姿勢や関節を悪くする,悪い手先の状態としています。

室内犬たちはフローリングが多く,滑るために姿勢が悪くなる犬たちが多いです。
その環境に加えて,爪が長いとさらに姿勢の悪化に拍車をかけます。
室内犬はツメの音がしたらもう長い状態,こまめに切るように心がけてください。
つねに適切な位置で切っていれば,血管が変な長さまで伸びず,適切な位置でカットしても出血しなくなります。
と言うか,子犬のころから適切な位置で切られていれば出血しないはずなのですが・・・。

室内犬のみなさ~ん。フローリングで爪の音!ウサギ爪!に注意しましょう。(すー。(^○^))


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【漢方薬?】へ  【犬用公衆トイレとお散歩清掃活動】へ