fc2ブログ

今日の診察室

『うんち』くん

 ←5月のお知らせ 狂犬病予防接種期間が無事終了 →久しぶりの練習が・・・
P1000145.jpg

いきなりキツイ写真で失礼します。
今日の診察でのご質問は,『うんち』君の善し悪しとその評価についてというのがありました。

うんちの評価は分かっているようで実は意外と見落としがちなポイントです。
まず優秀なうんち君とは,ニオイが少なく,コンパクトなものが基本となります。
色は給餌しているフードの種類や,手作りごはんの材料や加工方法により随分変わりますが
基本は暗めの黄土色から焦げ茶色までが標準となります。

まず「ニオイ」について・・・
ニオイは腸内細菌達が発生させたり,未消化な栄養素からニオイのもとが発生,未消化物は悪玉腸内細菌の餌になったりもしますので,ニオイは極力少ない方が優秀と言うことになります。なかには,ニオイを抑えるためのお薬?をフードやおやつに混ぜてあったりしますが,そんな不届きな考え方の食品は良くないのは当然です。ニオイは重要なバロメーターですから,クサいからといって消臭剤を使ってどうする?と言うところですね。ちなみに,昔の獣医師の国家試験ではニオイの実技テストがあったそうです。何のニオイで試験していたのでしょうね(笑)。

次は「大きさ」(ボリューム)
うんち君の量に関しては,「うちの子のうんち君は,とても大きくて立派ョ」と言われる方が,たまにいらっしゃるのですが,デカけりゃ良いって話ではありません。手作りの方達は食べたものの量に比較して,随分小さいうんちがでると経験されていると思いますが,これは水分が多く含まれているためです。手作りの場合には未消化でも見た感じ小さくなりますからちょっと注意,手作りの場合にはビックリするほど小さくなります。
大きくて・・・という場合,ほとんどがフードです。一昔前,ドッグフードはうんちが大きくなるよう設計されていた時期がありますが,現在は違います。消化や吸収が滞りなく行われていれば,小さくコンパクトなうんちとなります。食べているわりに大きなうんちが出る場合には,食事性のアレルギーや膵臓からの消化酵素分泌不全などが考えられます。この場合には,順を踏んで詳しく調べた方がよいでしょう。

そして「色」です。
色は食材により若干左右されますが,状態の良い色とは,暗めの黄土色から焦げ茶色が優秀な色です。特に色は腸管内で問題が起こっている場所を教えてくれます。白色~明るい黄土色,黄色は小腸でのトラブルですから,この場合は絶食や減量,もしくは脂肪分を控えなければいけません。普段と色が変わらない異常うんち君(軟便や下痢)は,大腸のトラブルです。この場合は,絶食はしなくて結構ですが,イモ類などを使い食物繊維を増やします。それらの対症療法で効果がみられない場合には,次は獣医の仕事になります。また,黒色のうんちは胃や十二指腸での出血などトラブルが予想されますので,これが続く場合にもすぐ獣医に相談された方がよいでしょう。

最後に「形状」です。
これはもちろん,写真のような状態がベスト!しっとりと(笑),適度な柔らかさで,ツヤがあり,色も焦げ茶色。ヨーグルトから水様はもちろんNG。軟便の評価は少し難しいのですが,加水分解フードなどを食べている場合を除いて,拾う時に地面に残ってしまうのは良くありません。あと固すぎて,コロッコロなものも良くありません。食物繊維が多すぎると思われます。

以上,日々の管理のご参考に!
是非,うんち評論家を目指してください。
(すー。\(◎o◎)/!)


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【5月のお知らせ 狂犬病予防接種期間が無事終了】へ  【久しぶりの練習が・・・】へ