fc2ブログ

今日の診察室

慢性トラブルと一緒に寝ること・・・

 ←久しぶりの練習が・・・ →ケンケン人形復活!
このところ天候が不安定です。
急に風が強くなり寒くなったり,ポカポカだったり,
三寒四温と言うにはややひどいような気がします。
これに平行するように,消化器のトラブルや皮膚のトラブルが多発しています。

どうも慢性的や周期的(季節的)にトラブルが起きるワンコ達は,
人間と一緒に寝ている子がとても多いです。
以前からよく皆さんにはご指導させていただいていますが,
犬たち特にトイグループの犬たちは(トイプードル,ヨーキー,マルチーズ,シーズなどなど),
抱き犬としてのお仕事が出来るように作出されています。
昔は女性の寝室を守るという番犬のお仕事もありましたが・・・
特にこれらの犬種は,その特性上,自動的に人間に張り付きたがります。
すると夜間,自分たちの体重の20倍以上ある動物に張り付きながら寝ることになります。
我々が像の横で添い寝している状態ですね。そんなの寝ていられません。
さらに,その人間という名の像は夜間に何度も寝返りを打ちますから,
そのたびにイヌは起こされ睡眠不足におちいります。

また,寒さでも同じです。
部屋が寒いと人間の布団に潜り込みます。熱くなると出ますが,これがいけません。
イヌは厚さには弱いのですぐ反応しますが,基本的に寒さには強いため,
かなり冷えるまで反応しないで寝続けてしまいます。
そうすると気温が下がる時期に大抵は,睡眠不足により極端に体重が減少します。

これらのことが続くと,慢性的な睡眠不足が続いて,昼間にグーグー寝ることが多くなります。
もちろん高齢の場合には,別のお話となりますが・・・。

解決策としては,飼い主の寝ている状態が見えるところにクレートを設置し,
夜間はクレート内で寝かせ,夜間のお仕事から解放させます。
じゃがーの寝床
      ※オパくんのベッド脇ハウス

初夏や初秋のクーラー無しで暑い時期は,クレートでは熱すぎるのでまた別のお話しですが。
ちなみに,睡眠時間中は必ず扉のロックかけます。
ココで問題になるのが,鳴いてしまう子です。
ベットで寝るのがあまりに習慣化してしまったり,
飼い主のリーダー性がしっかり確立していない子はここで鳴き始めます。
(リーダー性の確立のための手順や方法に関しては,
 少し長くなるので診察の際にでもご質問下さい。ブログではまたの機会にします。)

基本的には相手をしませんが,絶対に叱ったり,なだめたりしてはいけません。
飼い主はひたすら寝ます。
ここで注意!無視をするのではなく,ひたすら寝るか,寝ているふりをします。
あとは飼い主のガマンの問題です。・・・ちなみに,頑固な犬の飼い主は短気です。
特にトイグループの犬たちは,飼い主の挙動に関しての専門犬ですから,
どのくらいまで飼い主がガマンできるかなんて,と~てもよく知っています。

寒い季節(暖房を入れる時期)はクレートの上に毛布などを掛けます。
特にシングルコート(プードルなど)の犬たちは注意です。
基本的に扉付近は,毛布で塞がないようにしますが,
あまりに室温が低下する場合は,換気穴を残し塞ぎます。
ジャガーたちも競技会などで遠征時にこの室温などには気を遣いますが,
極端な室温低下がある場合には,床からの冷気対策として
何かに載せてクレートを床から少し高くします。

まあそうは言っても,生涯そこで寝ろという話ではありません。
体調管理の方法として,ハウスで寝ることも出来る様にしておきましょうというお話しでした。
(すー。(・o・))


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【久しぶりの練習が・・・】へ  【ケンケン人形復活!】へ