fc2ブログ

イヌとの生活

白犬と黒犬では,なんと温度差5度!

 ←アジリティー練習開始ですぞ,シロ公さまっ! →クレートの大きさはどのくらい?
まだまだ暑い日が続きますが,皆さんいかがお過ごしでしょうか。
IMG_3985.jpg ちょっとフィルターをかけて涼しげに?
さすがに連日この調子では,お散歩がなかなかはかどりませんね。
ハンドラーも連日の夜の寝苦しさと早起きもあり,やや夏バテ気味・・・・。

さて,この暑さ犬たちはどのくらいの感じなのでしょうね。
アプリコット・カラーのシロ公さまとブラウンのジャガーでは,体表温度の差がずいぶんあり,
やはり色の濃いジャガーの方が表面温度は熱く感じられます。
もう10年以上も前になりますが,夏場の犬たちの皮膚表面温度を測定比較したことがあります。
白い被毛の犬の皮膚温度と黒い犬の皮膚温度は,なんと約4度〜5度の差が!
やはり実際に毛色でかなりの温度差になること判明。
ということは,毛色の濃いワンコたちには,白系のTシャツやマント
特に濡らして着るタイプなどがお散歩時にはかなり有効です。
ちなみにジャガーのお気に入りは,ボーダー柄のタオル地で出来たタンクトップ(アニミュー製)
最近はたくさんの種類が出ているので,大いに活用されると良いでしょう。
お散歩中にどんどん水をかけてあげれば,非常に快適です。
IMG_3987.jpg
そして毛色以外にも被毛構成(シングルやダブルコート,ショートやロングなど)による
違いもあります。毛色は同じですが,シングルコートのジャガーとダブルコートの紅椿では,
圧倒的にダブルコートの紅椿の方が,より速く息が上がってしまいバテバテに。
これは,言うまでもないことですが,ダブルコートの方が保温力が高いと言うことですね。
冬の寒さには,圧倒的に紅椿の方が有利で,プードルはすぐ寒がります。

ただ,ダブルコートの犬も冷房のなかで過ごしていますから,
下毛(アンダーコート)がかなりしっかり,夏だというのにアンダーコートが抜けませんね。
(本来暑い季節にはアンダーコートは抜けてしまいます。)
ここで登場は,コートハンドラーなどのアンダーコート処理用の便利グッズでしょう。
ダブルコートのワンコたちはアンダーコートがなくなるだけで相当楽になります。
大変ですが,愛するワンコたちのために頑張りましょ〜。
(すー。(×_×)
ご興味のあった記事があれば拍手をお願いしまーす。
今後の参考にさせていただきまーす。


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【アジリティー練習開始ですぞ,シロ公さまっ!】へ  【クレートの大きさはどのくらい?】へ