fc2ブログ

イヌとの生活

クレートの大きさはどのくらい?

 ←白犬と黒犬では,なんと温度差5度! →9月のスケジュール めいっ子犬とお食事
先日,患者さんとのお話のなかでこんな質問が・・・
「クレートの大きさはどのくらいのものが良いでしょうか?」とご質問がありました。
そしてさらに,・・・
「移動の時などクレートは小さいものの方が落ち着くと聞いたのですが・・・」
さてさて,こんな感じお話し,よく競技関連などの人々の間で耳にします。
徳島遠征 積載2
犬科の動物達は,ほんらい地面や土砂に横穴を掘り住居とします。
そのため薄暗いクレートなどは,それら居住条件を満たすように出来ています。
また,子犬の時などは安心を求め本能的にその条件に適合する狭くて薄暗い穴ぐらに隠れます。
たぶん「小さいもの(狭いモノ)の方が落ち着く」というのは
このような子犬の反応から推察して話が広がっているのかもしれません。
しかし成犬となれば話は別,やはり狭いより広い方がよいですね。
P1000162.jpg 通院の10分間ならジャストサイズも可愛っす(笑)
じゃがーも海外戦の時にはフライト時間が長いので,ワンサイズ上の紅椿が使うクレートを使用します。
また競技でヨーロッパなどに犬を連れて行った場合,ヨーロッパ内で犬を飛行機に乗せようとすると,
かなり厳しく「犬のサイズに対するクレートの大きさ」についての規定があります。
犬の体高や体長に対してクレートサイズが決まっていて,
まずクレート内で犬が立つことが出来ないとダメ,検査員がのぞき込んでチェックします。
航空会社によっては,犬が立った状態でさらに頭上から天井まで10cm以上のスペースがない物は不可。
などなど,航空会社ごとや国ごとに,かなり厳しい規定があります。
当然動物愛護の観点から決められたものでしょう。
また,その様な規定も踏まえて,大きめの空港など空港内にペットショップなどが存在します。
チェックイン海外戦ではジャガーでも紅椿サイズのクレート使用
日本の航空会社には犬に対するクレートの大きさの規定がないため
日本から出るときには,ノーチェックでヨーロッパに入ることが出来ても
ヨーロッパから日本に帰ってくるときに,前述の規定にひっかかり乗せてもらえない
なんて言うことは実際に起こっていることです。
私の知っている方でもその様なことが起こりました。
その方は空港のペットショップで一回り大きいクレートをその場で購入して帰国されたそうです。

では,実際にはどの程度のものが必要かと言うことですが,

 1)中で前肢を折りたたまずにフセの姿勢がとれる
 2)立ち上がることが出来る
 3)横になった際も脊椎がまっすぐになれる

と,以上の条件を満たすモノがよいでしょう。
特に立ち上がった際の高さなどは,余裕がある程よいと思います。
また,成犬時の落ち着きについてですが,
ただ広いというのが良いのではなく,必要十分で寄りかかれたりや
ある程度の制限がかかっている状態であれば落ち着くと考えられます。
IMG_3185_20140824172212fb2.jpg右が紅椿,左がジャガー
特にじゃがーや紅椿たちなどは競技を行っているので,
当然,彼らのパフォーマンスに多大な影響が出ますから!
かなり気を使っていまーす。
(すー。(^x^)
ご興味のあった記事があれば拍手をお願いしまーす。
今後の参考にさせていただきまーす。


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【白犬と黒犬では,なんと温度差5度!】へ  【9月のスケジュール めいっ子犬とお食事】へ