fc2ブログ

今日の診察室

シッポが・・・!?

 ←新年初競技会,超悔しー,シビれるコース! →2月(2015)今月のお知らせ
さて数日前,朝そうそうから夜間緊急病院から連絡が入り
当院患者さんが夜間緊急に受診し患者さんの引き継ぎ。
内容は『尻尾の外傷部の再出血』とのこと,
先方の担当獣医師の報告書によると,尻尾の先端を傷つけた後,
その傷口を焼灼止血してあり,その患部からの再出血していましたとのことでした?
P1010857.jpg これは受傷後2週間目,やっと落ち着いてきた
イヤイヤ随分,激しい処置だけど,どうしてそんなことに・・・?
待つこと一時間,患者さんが到着,拝見してみると,
確かに尻尾の再出血だけど,よくよく観察してみたら
尻尾の先端が直角にスパッと切れていて,先端がなくなっている感じ
その切り落とされた先端部分がかさぶたではなく『炭化』していて
たしかに焼灼止血(何か熱いもので組織を焼いて止血する方法)が
行われた後がみられます。
飼い主さんにお話をうかがうと,トリミングハウスに出したら
犬が動いてハサミが当たってしまい,尻尾と傷つけて出血してしまったそう。

・・・どう見ても傷つけた程度ではなく,スパッと切ってしまってガッチリ焼いてある(涙)
遙か昔のブリーダーたちが断尾処置するときに,
自分たちで切って焼きゴテで止血していましたが,どうもそんな感じです。
今時は獣医が処置することになっていますから綺麗なキズになりますが,
焼灼止血などするとその箇所は生涯にわたりケロイド瘢痕化し,治癒も長期化。
確かに尻尾の出血は程度によっては相当ヒドイ出血になり,止まりにくいのは確かです。
他にも方法があったと思いますが,百歩譲って緊急事態でとられた対応なのでしょう。
獣医が処置したのか誰が処置したのかさえも不明。
でも,この内容で飼い主さんには詳細な説明はないというものいただけませんね。
おまけにこんな中途半端な処置では,全治1週間が全治3週間になってしまいます。
ワンコちゃんも痛いよこれじゃ・・・(涙)
(すー。(×_×)
ご興味のあった記事があれば拍手をお願いしまーす。
今後の参考にさせていただきまーす。


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【新年初競技会,超悔しー,シビれるコース!】へ  【2月(2015)今月のお知らせ】へ