fc2ブログ

イヌとの生活

氏神様へお礼参り

 ←紅椿さん・・・もうチョット我慢してちょーだい? →3月(2015)今月のお知らせ
P1020028.jpg
毎年恒例,当院の氏神様へお礼参りに行ってきました。
大家さんのお婆ちゃんが開院当初に御札をもらってきて下さったのが始まりで
以来18年間,毎年2月にお礼参りに参拝しています。
といっても昨年は膝を壊したためお休みしてしまいましたが(汗)

さて,ここは世田谷なのですが氏神様は奥多摩の『武蔵御嶽神社』です。
この神社は創建はなんと紀元前91年(崇神天皇7年),
こちらには国宝に指定されているものが沢山あるそうです。
世田谷から車で約2時間,更にケーブルカーにのってずんずん歩いてやっとたどり着きます。
山岳信仰の神様で,「おいぬ様」といって江戸の昔から広く信仰されていたそう。
このおいぬ様は実は犬ではなく日本狼のことで,
御岳山(ミタケサン)では一昔前まで狼と共存して生活していたそうです。
さて,この日本狼がどうして『おいぬ様』として信仰されたかというと

日本書紀にも出てくるようですが,御岳山では次のように伝えられているそうです。
『日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東征の際、この御岳山から西北に進もうとされたとき、深山の邪神が大きな白鹿と化して道を塞いだ。尊は山蒜(やまびる=野蒜)で大鹿を退治したが、そのとき山谷鳴動して雲霧が発生し、道に迷われてしまう。
 そこへ、忽然と白狼が現れ、西北へ尊の軍を導いた。尊は白狼に、大口真神としてこの御岳山に留まり、すべての魔物を退治せよと仰せられた。』
とこんな言い伝えがあるそうで,魔除けの神様だそうです。

さて,今年のお礼参りにはいつもチームBのスタメンが参加するのですが,
今年はチームA&しろ公様の姉妹も参加。随分にぎやかな道中となりました。
まずはケーブルカーに搭乗し山の上の目指します。
IMG_5236.jpg
IMG_5239.jpg
IMG_5232.jpg
IMG_5234.jpg
P1010991.jpg
ケーブルカーを降りてから山に沿った道を上っていきます。
まだ残雪が,3日前までは昼の時間で氷点下だったそう,今日は暖かくラッキー!
ちょうど向こうにお社が見えますね〜。
IMG_5223.jpg
IMG_5226ここが神社
なかなか急な上り坂です。
途中にはパワースポット,推定樹齢1000年以上の巨木『神代ケヤキ』が悠然とお出迎えです。
今年もこのケヤキにこんにちは!です。
P1010999.jpgP1010994.jpg

さて参道を抜けるといよいよ神社の山門です。
ここからは階段,なかなか急ですね。
P1020005_20150225174702b8b.jpg
P102001900.jpg
P1020021.jpg
・・・とやっと到着,
御札をお返しして,本殿にてお礼参りのお祓いを受けて
IMG_2683.jpg
これが日本武尊と白狼の絵だそうで,
明治の頃に書かれたものだそうです。
IMG_5193.jpg
むむっ顔が尖って立耳で目が金色・・・茶色のブチブチを書き込んだら紅椿だなぁ・・・
っと,罰当たりなことを言ってはいけませんね。

P102002700.jpg
はーいみんな並んでハイチーズ!とお約束の記念撮影。
さて帰路は参道のみやげ物屋さんで,御岳そばとミソ田楽をいただいて
こちらの参道のお店は犬同伴でオッケーでした。

IMG_5245.jpg
下りのケーブルカーではみんな疲れたらしく,ややトーンダウン。
みんな,とてもお利口さんでした,そしてお疲れ様でした。
今年も元気に頑張りましょうね〜。
(すー。PAN...PAN...<(_ _)>
ご興味のあった記事があれば拍手をお願いしまーす。
今後の参考にさせていただきまーす。


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【紅椿さん・・・もうチョット我慢してちょーだい?】へ  【3月(2015)今月のお知らせ】へ