今日の診察室

犬の膿皮症とアレルギー性皮膚炎

 ←2016アジリティー世界大会スタート! →10月のスケジュール <2016>
本日ご紹介は、ゴールデンレトリーバーちゃん。
慢性の皮膚炎で継続的に痒みが発生、数年間、膿皮症と言うことで加療していたそうです。
症状が出ると抗生剤のくり返し、飼い主さんがこれは何かおかしいと言うことで、
すこし距離のあるご住所からなのですが、アレルギー検査会社のホームページに
当院が出ていたとのことでセカンドオピニオンでご来院。
unnamed0002.jpg
さて拝見、全身ボロボロ、外耳炎ももひどく痒そうでかなりひどいです。
これで何年も過ごしていたと思うと辛かっただろうに、可哀相です。
各種検査を実施、皮膚ストリップ検査や一般血液検査を実施してみると、
確かに検査所見は膿皮症ですが、あくまでも膿皮症という症状があるものの
血液検査からかなりの確率でアレルギー反応が疑われます。
unnamed0001.jpg
と言うことは、慢性の膿皮症を引き起こしている黒幕は何らかのアレルギー症です。
ついで検査会社にアレルギー検査を依頼、後は結果を待っていただきます。
とはいえ治療は開始しなければなりません。

内服薬の投薬にてアレルギー治療と膿皮症の対処療法、そして薬浴シャンプーの実施を処方。
これで何らかのアレルギーが判明してくれれば、それらをコントロールすればOK
慢性的な膿皮症に悩まされることはなくなるでしょう。
飼い主さんにはこれらを詳しくご説明させていただき、本日は終了。
飼い主さんもご自分で考えられていたことがスッキリされたらしく喜ばれてました。
この手の症例はとても多いですね、膿皮症の原因は様々
もちろん原因がアレルギーでなく他の要因の場合もありますから複雑ですね。
ゴールデンちゃんの経過はまた報告しましょうね。
(すー。.:(。-`ω´-)ンー
ご興味のあった記事があれば拍手をお願いしまーす。
今後の参考にさせていただきまーす。
病院のNEWホームページもヨロシク〜(*^^)/


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【2016アジリティー世界大会スタート!】へ  【10月のスケジュール <2016>】へ