今日の診察室

呼吸器異常「逆クシャミ」の動画

 ←シロ公さまの3度昇格はおあずけデース  用賀 ベルヴェット動物病院 →しろ公さま! 埼玉&大阪アジリティー競技会
新年早々バタついておりまして、すっかりアップが遅れしまいました。
今年もよろしくお願い申し上げます。

今日ご紹介は「逆クシャミ」です。
この症状、短頭種の犬種で好発する異常呼吸器症状。
皆さんから「なんか、ヘンな咳みたいな症状がある」とよくお話を聞くので
説明用に動画にしてアップしてみます。
今回はボントンテリアちゃんの飼い主さんのご厚意で動画アップします。



この症状は、短頭種(口と鼻を隔てる軟口蓋というヒダが大きい犬種)に好発します。
好発犬種はパグ、シーズー、ボストンテリア、フレンチブルドッグ、トイプードル、チワワなどです。
発生の理由としては、軟口蓋に炎症が発生し気道をふさがれてしまうために発症。
とくに空気が乾燥する冬期や夏期(エアコンによる)に好発します。
対象となる時期は、食べ物も乾物のオヤツやドライフードは注意して与えましょう。
好発犬種はドライフードは季節を考慮して、水分を含ませて給餌しましょうね。
オヤツもビスケット、クッキー、トリーツなどは避けて他のものにしましょう。

実際このような症状が発生したら、なるべく早くに診察が必要です。
ノドを冷やしたり、冷たい水を少しずつ飲ませたりすると一時しのぎにはなるでしょう。
軟口蓋の炎症や腫れを引かせないと、危険な状態になることもあります。
怪しいときには早めの対応が肝心です。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Bellvet Animal Hospital
http://www.bellvet.jp/
住所:〒158-0098 東京都世田谷区上用賀3-14-21
TEL:03-3708-1990
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【シロ公さまの3度昇格はおあずけデース  用賀 ベルヴェット動物病院】へ  【しろ公さま! 埼玉&大阪アジリティー競技会】へ