fc2ブログ

今日の診察室

熱中症について

 ←7月のお知らせ →歯の管理
暑中お見舞い申し上げます。
いよいよ猛暑がやってきました。
人間より暑さに弱い犬たちには過酷な季節です。
くれぐれも熱射病・熱中症には注意してください。
猫ちゃんも室内で熱射病・熱中症にかかりますので注意してください。

熱射病・熱中症について・・・
程度は様々ですが,ただちに治療の必要がある緊急疾患です。
犬は人間や馬のように皮膚に汗をかかずに,
呼吸(空気や呼気中の水分)によって体内の余分な熱を体外へ放出します。
この時,多湿は呼吸による放熱を妨げるため,
多湿な日本では特に注意が必要です。

犬猫たちが熱射病・熱中症になりやすい原因には以下のようなものがあります。
●高温の車内に放置
●高温多湿の気候下で激しい運動を行う
●コンクリートやアスファルトの上で長時間過ごす
●高温多湿状況下でのトリミング・ドライヤーなど
●炎天下に直射日光の下におかれる
●犬種の特性:短頭種(パグ,ブルドック系,ペキニーズなど)

【症 状】
あえぎ呼吸,長くつづく開口呼吸,うなだれるような姿勢,
舌と粘膜の色が鮮やかな赤色になり,唾液は粘っこくなります。
このときの直腸温度は40-43℃です(平熱は38.5-39.5℃)。

お散歩から帰ってきて,時間や距離の割に疲れを示していたり,
不安定なそぶりがある場合には注意です。
通常はおう吐(程度は様々)があり,血液などが混入する場合もあります。

さらに程度がひどくなると,血液を伴う下痢を発生します。
重度の場合には虚脱,けいれん,昏睡をへて死亡する場合があります。

【処 置】
1)動物を冷やす救急処置を実施します。目標体温は39.5℃です。可能であれば10分ごとに直腸温を検温します。直腸温がはかれない場合,ワキ(脇)や内股で計測しますが,直腸温に比べ約1℃くらい低くなるので,計測温度に1℃プラスし参考体温として判断してください。

第1段階:症状が軽い場合にはこの程度の処置で改善します。
犬を可能な限り涼しい場所に移動します。
クーラーの入っている部屋などで休ませます。

第2段階:症状が重く体温が40℃を超えている場合は,この段階に進みます。
動物の体を水で濡らします。
この時水は冷水がよいのですが,水の桶やバスタブなどに水を張り
動物をつける場合には2分以内,冷たすぎる水風呂はNGで絶対に氷など入れてはいけません。
毛細血管の急激な収縮により他の障害が発生したり,体温が下がりにくくなります。
下がりにくい場合には,濡らしてから扇風機などで冷却します。
※ここで注意,体温は39.4以下に下げない要注意します。ショックを起こす可能性があります。

第3段階:体温が低下した後,ただちに動物病院に受診します。
※短頭種や呼吸の苦しさが改善されない場合には冷却しながら,できるだけ早く動物病院を受診します。

程度が軽く,第1段階の処置程度で改善された場合には,
十分な給水を行い安静にして経過を観察をしてください。
下痢や粘血便などは翌日に出ることが多いようです。

【予 防】
暑い場所に長時間放置しないのはもちろんのこと,
常に十分な給水を行い,呼吸を観察。
クールTシャツ(濡らしたTシャツ)やクールコートの着用,
体を濡らして散歩などされると良いでしょう。
この季節に間違っても,ファッションとしての洋服など着せないよう
注意してください。

では,皆さん気をつけてくださいね。(す)

8月19日(木)現在までの 熱中症・熱射病関連疾患の来院件数8件(イヌ7,ネコ1)です。


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録
         
7月のお知らせ ←7月のお知らせ    →歯の管理 歯の管理

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【7月のお知らせ】へ  【歯の管理】へ