fc2ブログ

イヌとの生活

「国家の偉大さとモラルの高さは,その国の動物に対する扱い方で判断できる」

 ←ピーポーピーポー・・・チーム 『A』で熱中症発生! →逆さまつげ
「国家の偉大さとモラルの高さは,その国の動物に対する扱い方で判断できる」マハトマ・ガンジーの言葉は有名ですね。

実は今,環境省が「動物を取り扱う業種」の規制法案について検討しています。
そして「動物取扱業の適性化に対する意見(パブリックコメント)」として広く意見を求めています。
業界でも今回この中で話題となっているのが「子犬を販売するための親から離す時期」についての基準です。
子犬1子犬2

ペットショップやそれに類するブリーダーの団体などからはかなり早い時期(生後45日)に離しても問題ないなどの意見を出してきています。もちろんそれを理由にする研究を盾にしていますが。彼らの本当の理由として,小さい方が販売しやすく早く現金化でき,次の繁殖を早くに始めることが出来きるということなども考えられます。

一方,反対の意見では生後8週以上を推奨していますが,特に生後8週(生後57日)~生後9週(生後63日)が現在の日本では妥当ではないかという意見が多いようです。ペット先進国の事例やその時期を肯定する研究が存在しますので。それらを中心とした意見ですが,もちろん私もこちらの考え方です。日本もペット先進国に向けて進むためには,最低ラインとしてこの部分を守る必要があると思っています。

ペット先進国のイギリスやアメリカの一部では8週齢未満の犬の流通や販売は禁止されている事実もあります。また,近年の興味深い研究では,生後90日まで母犬と一緒にいた犬とそれ以前の犬では,生後3歳以降で問題行動の発生率に大きな差が生じたなどの報告もあります。

まだまだ日本では動物の取扱いに関してはひどく,この子犬8週齢問題など良い例です。国によってはペットショップで陳列すること自体禁じている国もあるというのに・・・。

皆さんも是非,小難しいことは抜きにして,一般意見としてこのパブリックコメントに意見をあげて頂けませんでしょうか。よろしくお願いいたします。
(すー。<(_ _)>ペコリ)

■動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)
 http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069

■別添 意見募集要領[PDF 109KB]
 http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17981&hou_id=14069

■(参考資料)「動物取扱業の適正化について(案)」[PDF 380KB]
 http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17982&hou_id=14069

■(参考資料)動物の愛護及び管理に関する法律の関係法令等[PDF 751KB]
 http://www.env.go.jp/press/file_view.php?serial=17983&hou_id=14069


記事一覧  3kaku_s_L.png 今月のお知らせ
記事一覧  3kaku_s_L.png 今日の診察室
記事一覧  3kaku_s_L.png イヌとの生活
記事一覧  3kaku_s_L.png アジリティー
記事一覧  3kaku_s_L.png 忠犬シロ公さまっ
記事一覧  3kaku_s_L.png 子犬ちゃん記録
記事一覧  3kaku_s_L.png 犬種のおはなし
記事一覧  3kaku_s_L.png その他
記事一覧  3kaku_s_L.png 緊急連絡
記事一覧  3kaku_s_L.png 動物取扱業者標識
記事一覧  3kaku_s_L.png 未登録

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【ピーポーピーポー・・・チーム 『A』で熱中症発生!】へ  【逆さまつげ】へ